考えた挙句がこれ    2020.4.8


緊急事態宣言が発令されました。 会見を聞いていましたが、想定通りでした。  時間だけ稼いで、結果は見え見えの出来レースでした。

海外メディアが、厳しい批判をしているとの事。 さもありなん。 だらだらと時間ばかり取って、結局はコロナ封じじゃなかったのです。

経済維持宣言だったのですね。 アベノミクスの延命措置だったとしか、世界は見ていませんね。 いや・・・日本も。

以前からちらほら言っていたように、一般人には何も変わらない措置でした。 本当にこれで、コロナウイルスが封じ込められるという判断とは思えません。


当初から言われているように、時間を伸ばしてコロナウイルスの騒ぎの自然終息を狙っていると感じられます。 厳しい規制も、罰則も交通機関の規制も

都市封鎖すら行わなかったのですよ。 影響が計り知れないほど、コロナウイルスは封じ込められるのでは?

安倍政権は、国民に強力な武器じゃなく竹槍を持たせたのです。 医療と言う武器を、竹槍にしてしまいました。


都市封鎖は、必然でした。 その影響の大きさが、ウイルスを封じ込めるのです。 この政権は、それを放棄して延命に走りました。

痛みの伴わない改革はあり得ません。 これがウイルスとの戦争でこれなのですから、有事には本当に国を守れるのか? 


今更ぼやいても始まらないが、該当都府県の人は戸惑っていると思います。 今一番心配しているのは、医療のパンク=医療崩壊です。

医療崩壊が始まったら、それこそ都市封鎖の損失云々どころじゃなくなります。 何としても、それは阻止してもらいたい。

それを阻止できるのは、封鎖地域の皆さんしかありません。 


大変でしょうが、頑張って欲しい。 

BACK