何でも反対する天邪鬼    2020.4.19


馬鹿じゃ何だから、天邪鬼と言おう。 タレント上がりの元衆議院議員。 案の定、10万円に反対とぶちまけた。

こういう人、現在衆議院議員でなくて良かった。 人数に応じて増減が生じる事に、異論を放っているのだ。 さもありなん。


困窮度によって給付をしたりしなかったり、それって真面目に考えて正しいですか。 凄い差別じゃないですか。 あまねく、平等にあるべきなのが政治。

政治は日本に居を構えている者には、あまねく平等にあるべきと思います。 そういう意味だと、年齢や職業、今置かれている立場などで差別されるべきでは

ありません。 五人家族も一人家族も、政府の責任ではありません。 すべからく自己責任。 この自己責任でなされる人生に、政府は介入してはならない。


よって、どのような状況のもとに置かれていても、給付は真っ新な状況として給付をする。 これが、正しい政治なのです。自己責任なので、収入がどうのこうの

そう言うことは関係がありません。 そういう問題は、他の問題として捉えられるべき。 先の30万円給付は、どちらかと言うとそう言う趣旨が強かった。

30万円給付にすると、あまりにも給付先が限定されてしまった。 それがために、フツーに苦労している人には「飴でもしゃぶっていろ」的になってしまう。


給与や収入が激減した人だけが、大変なのではない。 困らない人は、年金受給者や生活保護者、公務員や富裕層なんて仕分けは止めよう。

10万円は決して多くはない。 しかし、決して少なくもないのだよ。

生活支援策としても景気支援策としても全く問題はない。 と言うか、景気支援策じゃないだろ。 もっと言えば、生活支援策でもないんだよ。

今回のコロナウイルス問題で、自粛やらに協力している国民の皆様に対する一時金なのだよ。 前回の給付は1万2千円だよ次元が違う。

おまけに四か月もかかったのさ。 しかもこれは純然たる経済政策だったんだよ。 今回とはまるで目的も趣旨も違うのさ、わかんねーかなあ。


30万円給付のような足切りは止めて、即急の給付。 それなんだよ。 後のことは、それから考えればよい。 政治とはそういうもんだよ。

あのね言っておくけど、

一律給付なら業種職業は差別しない。 住所さえあれば給付される。 ホステスさんも飲食業も然り。 ある意味救えることもあるんだよ。

切り捨てることがベストじゃない。 人の人生なんて、他人には分からないから。 一人暮らしって言うけど、それって自己中からきているって考えたことない?

一人暮らしってさ、自己中なんだよ。 家族から離れるのは、自己中心的な行為なんだよ。 だから、リスクは最初からあるのさ。

だから、色々ご事情はお有りでしょうがおひとり様につきなのです。 これって、全然間違ってないです。 正しいですよ。


ご自分の判断でした行為、その結果にお金は支払いません。 そうあるのが本来。 自営業やらフリーランス、そうなのですよ。 政府はそこを見ている。

サラリーマンからしたら、自営業やらフリーランスの人と同じには考えて貰たくないってありますよ。 多くは人に使われるのが嫌な人達、サラリーマンの給与に

満足しない人が起業したりフリーランスになる訳だからね。 自分だけなんですよ、もっとより良い収入を目指してるんです。


自己責任の極みなのですよ。 だから、生活困っても自己責任。 派遣切り言うけどね、派遣って分かって言ってんの。

我が家庭でも家内は派遣だったけど、根底は自己都合なのだよ。 要らなくなったり、企業が大変になれば真っ先に切られるの当たり前なんだよ。

それが嫌なら、努力して社員なりパートになるしかないのさ。 派遣はその字の通り、派遣なんだよリスクは勤める前からあるの。

厳しい方かも知れないけど、そう言う擁護はおかしいよ。 クラブのホステスだって、生活が保証されている世界じゃない。 飲食業も同じさ。

どんな仕事だろうが、雇われていれば我々と同じなんだよ。 差別は出来ないのさ。


会社や自営こういうご時世になって、自粛する羽目になって収入が減る・・・至極当然ですね。 だから、そういう業種の人たちには違った支援があって然るべき。

政府や都道府県はやってるでしょ。 知らないの? 今この時期、景気は落ち込むのは至極当然な事。

それを恐れては、コロナに負けてしまうのだよ。 そうなったら、景気どころじゃない。 


借金は、これからの世代が返していくんだよ。 嫌々言ってもだめだね、ずーっと昔から順繰りに来たんだよ。 頑張って、返してください。



BACK