法規制のない要求、自粛に従う必要はあり?なし?      2020.8.4


日本は法治国家であり、法の下に平等を保証されています。 

よって、法的規制のない物には一切応じる必要も、義務もありません。

今回ンおコロナの一連の問題ですが、そういう観点からすれば何をしても個人の自由な訳です。 

つべこべ言われる事はありません。 自粛に従うも従わないも、全く自由なのです。 法的規制がないので、マスクもする必要はありません。

ホストクラブに行こうが飲み会をしようが、県をまたぐ移動をしようが自由です。 自粛は蹴っても仕方がありません。


諸外国は、そうは行きません。 法律もあり、規制もあり、罰則もあります。 従わなければ、検挙も逮捕もある世界なのです。

日本は、法規制に関しては非常にゆるーい国であると言えます。 先ず、何らかの規制をかけるための法案は簡単には通りません。

何を動議しても、なし崩しにされてしまうのが日本の政治なのです。 係る事態は国民の権利に踏み入りますので、腰が引けてしまいます。


犯罪や天変地異には迅速に動きますが、人の権利に関することは実に消極的なのです。 よって、政府の言う事は自粛の要請になります。

それならば、何故国民は自粛要請が出ると従うのか、何故皆マスクをするのか、お願いに従う義務が?と言う事があるかと思います。

何処に強制力が?と思っている人も多いと思われます。 これらには、

無言の圧力というものが、実は存在する


のです。 

人は群れて暮らすものなので、人と同じことをしないと疎外されてしまいます。つまり、村八分状態に陥るのです。 

これはどうしても避けなければ、死活問題になります。 社会を形成するために守らないといけないこと、モラルの問題になるのです。 

不必要なバッシングは、日常生活に不要なものです。ですから、言われのない非難は避けるようになります。 

冒頭に述べましたが、何をしても法規制が存在していないとお願いになってしまいます。


この法規制の不備が、コロナの感染拡大を呼んでしまいました。 お願いを聞き入れない若者の行動は、止められなかったのですね。

今回のお盆帰省問題、上手くいかないと思いますよ。 冷房と暖房の両使いであり、ブレーキとアクセルの同時押しなのですね。


国民の行動は、法規制がないと止められません。 しかし、それは基本的人権があり策定は無理でしょう。

人の命に係わるとは、必ずしも言い切れないからです。 つまり、万人のためとは言い切れないのです。

現状お盆に帰省するには、かくかくしかじかの条件があると決められていません。 個人の自由の制限、あってならないとも言えます。


政府の判断がどうのこうのじゃなくて、要は新型コロナウイルスに感染しなければ良いのです。 相手が見えないだけに、それは非常に

難しいです。 感染しても、他の人にうつさないならば問題はありませんがそれも無理な話です。


政府は、係る事案に非常に消極的です。 国民に総スカンを食らう法規制は、避けて通りますね。 

国民の行動をある程度制限する規制は、緊急事態宣言か特別措置法しかありません。 それすら出さない。









全都道府県感染者数はこちら


8月3日東京都感染者258人。一週間連続200人超え。

   
     




HOME    BACK