商売が立ち行かなくなっても、自業自得致し方ない?      2020.8.4

自分の選んだ道



このコロナ禍で、被害を受けている人の数は計り知れません。 元は世界的な問題で、政治的な問題でもあるのでコロナにより営業が

立ち行かなくなるのは被害と言えるかもしれません。 その感染の拡大を抑えるために、営業自粛の要請などがなされています。


やってられないよ!と言うのが本音ですし、わずかな支援金より営業を続けると言うのも、ご尤もな事と思います。

そこは百歩譲って堪えてください。 コロナが蔓延したのは事実ですから、今更ぼやいても致し方ありません。


そもそも、自営業は自己責任の世界。 個人であろうが法人であろうが、好きなことを好きなように営業する形態には違いがありません。

生活必需品に係わる業態じゃない以上、保護されることは基本ないですよ。 そうでなくても、業績が上がらなければどんな企業でも

倒産してしまいます。 だからと言って、政府は助けてくれませんよ。 倒産したからって援助はびた一文出さないです。 いや、出せません。

政府は、国民の税金で廻っています。 趣味嗜好の業界が、税金を支出する理由にはないことを、先ず理解しないといけません。

はやるもはやらないも、儲かるも儲からないも全て、自己責任じゃありませんか?

ですから、国民の側からすれば、勝手にすればよいと言う事になりますね。 何かあったら、客が行かなくなるだけ。


東京都、時短協力要請に20万円と言ってました。 本当は、一円だって出しちゃいけないと思います。 それを、こんなお金20万円じゃ何にも

ならないと言い放つ疎かさ、そんな了見だから見放されるのですよ。 思い上がりも甚だしい。 

自分の選んだ道、自業自得致し方ないですよ。 支援金、放棄しなさいよ血税なんだから。


このコロナ感染時に「交換条件は止めましょう」。 行政はもっと強くあって良い。 国民を守るならばね。


もし時短や休業に応じないお店があるとするならば、お客が感染し重篤になった場合には問題が生ずる可能性もあります。

転ばぬ先の杖、協力惜しむなかれ。



全都道府県感染者数はこちら


8月4日東京都感染者309人。一週間連続200人超え。

   
  東京都  

7月23日(木)366人
7月24日(金)260人
7月25日(土)295人
7月26日(日)239人
7月27日(月)131人
7月28日(火)266人
7月29日(水)250人
7月30日(木)367人
7月31日(金)463人
8月 1日 (土)472人
8月 2日(日)292人
8月 3日(月)258人
8月 4日(火)309人 
     




HOME    BACK